Category * 気になるラベルへどうぞ

[ ABOUT ] (1) [ ESSAY ] (30) [ ITEM ] (17) [ NOTES ] (35) [ PHOTO ] (62) [ PICK UP ] (40) [ VIDEO ] (6) [ とり食堂 ] (35) 1984 (2) Acting (6) Art (16) Bags (6) Band (1) Beastie Boys (3) Birthday (5) Black (11) Blue (16) Book (12) Bread (2) Brown (6) Cinema (13) Coffee (2) Colorful (15) Comedy (2) Dance (1) Dayoff (24) Death (5) Dinner (16) DIY (6) Dream (8) F (2) Family (21) Fashion (29) Flower (9) Food (7) Friends (19) Fruits (4) Gold (4) Green (19) Grey (1) Holiday (2) Home (16) Japanese (2) Jewellery (3) Kids (7) Library (1) LiveShow (2) Love (20) LudwigWittgenstein (1) Lunch (9) Morning (5) Music (31) Navy (1) New Year (2) New York (5) Night (18) O (7) Orange (3) Pants (2) Park (3) Pink (15) Poetry (1) Purple (2) Quotes (1) Rain (1) Reading (7) Red (18) RIce (15) Salad (3) Sandwich (2) Shoes (4) Shop (1) Skateboarding (9) Skirts (1) Soundcloud (6) Soup (2) Sports (10) Summer (2) Tableware (6) Tea (1) Theater (2) Tops (3) Traditional (5) Tv (1) Video (25) Vynal (2) White (15) Wine (3) Y (9) Yellow (6) 鳥より (4) 弁当 (3)

2011/06/06

濡れ鼠のはなし

 突然の豪雨。

 今夜は傘を持っていなかった。
 隣の声もよく聞こえないほどの大雨だったので、駅で雨宿りすることにした。暫くしてふと気がついたことがあり、わたしは激しい雨の中歩いて帰ることにした。

 「雨に濡れるからと言ってどうだと言うのだろう」

 ずぶ濡れになったところで、今のわたしが脅威に感じることは何かあるだろうか。おセンチが過ぎるようだが、実際、特になかった。
 いま考えれば、いくつかの精密機器は壊れてしまう可能性もあったし、おまけに、わたしが住む街に降る雨は、悪い煙をたくさん吸い上げた都心の空の『お隣りさん』なので、成分的にそんなにきれいなものじゃないのだろうが、今夜はそんなこともどうでも良かったのだ。
 わたしは生まれてこの方、雨に濡れて風邪をひいたような経験もないし、幸か不幸か、今夜は眼鏡じゃなくたまたまコンタクトレンズだった。だから、一時間前のわたしは、とにかく帰ることにした。雨宿りをする人の群れから抜け出して、大雨の騒音の中を家まで歩きはじめることにした。

 小学4年以来の正真正銘、濡れ鼠。あの時も台風の季節だったような気がする。
 傘の骨をバッとやって、逆さ傘にして、雨水を溜めたり。脱いだ通学帽をバケツ代わりにして、下校仲間の友人に雨をかけてふざけたりしたものだ。
 今夜のわたしはといえば「水はこんなに重たいんだなあ」とか、「服のまま海に落ちた時は こんな感じだったなあ」とか、至って単純な感想をいだきながら、身につけていた布という布がピタピタと身体にまとわりついた無様な格好で、大雨の夜道を歩いた。
 いつもの帰り道よりも時間をかけて、ゆっくりゆっくり歩いて帰った。
 
 これといってドラマチックな感傷はなかった。スニーカーが水を含んでガッポンガッポン話していただけ。
 これといって物語も生まれなかった。パーマをかけたわたしの髪がラーメンのようにただ縮れたというだけ。
 ただ大雨の中、馬鹿みたいに濡れて帰ったというだけの話。家に帰りついたわたしは、玄関先で黙って身体の雨を拭い、そのまま風呂に入った。

 さっきまで遅い夕飯を食べていた。そしてこれを書き終えたら、今夜も眠ろうと思っている。

0 件のコメント:

コメントを投稿