Category * 気になるラベルへどうぞ

[ ABOUT ] (1) [ ESSAY ] (30) [ ITEM ] (17) [ NOTES ] (35) [ PHOTO ] (62) [ PICK UP ] (40) [ VIDEO ] (6) [ とり食堂 ] (35) 1984 (2) Acting (6) Art (16) Bags (6) Band (1) Beastie Boys (3) Birthday (5) Black (11) Blue (16) Book (12) Bread (2) Brown (6) Cinema (13) Coffee (2) Colorful (15) Comedy (2) Dance (1) Dayoff (24) Death (5) Dinner (16) DIY (6) Dream (8) F (2) Family (21) Fashion (29) Flower (9) Food (7) Friends (19) Fruits (4) Gold (4) Green (19) Grey (1) Holiday (2) Home (16) Japanese (2) Jewellery (3) Kids (7) Library (1) LiveShow (2) Love (20) LudwigWittgenstein (1) Lunch (9) Morning (5) Music (31) Navy (1) New Year (2) New York (5) Night (18) O (7) Orange (3) Pants (2) Park (3) Pink (15) Poetry (1) Purple (2) Quotes (1) Rain (1) Reading (7) Red (18) RIce (15) Salad (3) Sandwich (2) Shoes (4) Shop (1) Skateboarding (9) Skirts (1) Soundcloud (6) Soup (2) Sports (10) Summer (2) Tableware (6) Tea (1) Theater (2) Tops (3) Traditional (5) Tv (1) Video (25) Vynal (2) White (15) Wine (3) Y (9) Yellow (6) 鳥より (4) 弁当 (3)

2011/08/11

Can’t Take My Eyes Off Of You

誰も彼も、恋して。
もっと恋して。

恋する気持ちの高鳴りを忘れてはいかん。

好きだと叫ぶのだ、もっと好きだと叫んでいいのだ。
もっと恋していいのだ。

大人になって、一日が24時間の終わらないサイクルの繰り返しになって、
くすみ出してしまった胸の高鳴る場所のありかを、さあ思い出すのだ。

さあ、とりもどすのだ。さあ、高鳴らせるのだ。

誰も彼も、恋して。
さあ、恋して。
もっと、恋して。

恋すれば、24時間でまわっていた世界が激しい色の連続に溶け出して、
日々の全てを馬鹿みたいに祝福したくなるほどの幸せな気持ちで満たされるから。
そしてあなたは美しくなるし、少し優しくなるだろうから。

たとえ愛情まで知ることできなかったとしても、
身体のなかにそなわっている恋がはじまる特別な場所を固くしてはいかん。

愛することを知るには、急がなくていいから。
きっとね。
それは突然訪れるから、きっとね。

誰も彼も、恋して。
もっと、恋して。