Category * 気になるラベルへどうぞ

[ ABOUT ] (1) [ ESSAY ] (30) [ ITEM ] (17) [ NOTES ] (35) [ PHOTO ] (62) [ PICK UP ] (40) [ VIDEO ] (6) [ とり食堂 ] (35) 1984 (2) Acting (6) Art (16) Bags (6) Band (1) Beastie Boys (3) Birthday (5) Black (11) Blue (16) Book (12) Bread (2) Brown (6) Cinema (13) Coffee (2) Colorful (15) Comedy (2) Dance (1) Dayoff (24) Death (5) Dinner (16) DIY (6) Dream (8) F (2) Family (21) Fashion (29) Flower (9) Food (7) Friends (19) Fruits (4) Gold (4) Green (19) Grey (1) Holiday (2) Home (16) Japanese (2) Jewellery (3) Kids (7) Library (1) LiveShow (2) Love (20) LudwigWittgenstein (1) Lunch (9) Morning (5) Music (31) Navy (1) New Year (2) New York (5) Night (18) O (7) Orange (3) Pants (2) Park (3) Pink (15) Poetry (1) Purple (2) Quotes (1) Rain (1) Reading (7) Red (18) RIce (15) Salad (3) Sandwich (2) Shoes (4) Shop (1) Skateboarding (9) Skirts (1) Soundcloud (6) Soup (2) Sports (10) Summer (2) Tableware (6) Tea (1) Theater (2) Tops (3) Traditional (5) Tv (1) Video (25) Vynal (2) White (15) Wine (3) Y (9) Yellow (6) 鳥より (4) 弁当 (3)

2012/04/26

夢三夜 / Three Nights Of Dreams



~第一の夢~

裸の夢だった
わたしは困っていて小さな部屋に隠れていた
通りかかった友人の誰かに洋服持ってきてくれと頼んだ

わたしは何か、大切なプロジェクトの当事者だったはずなのに?
たとえば、それはデモや野外集会のような
部屋の外から聴こえる群衆の騒音は
まるでコンクラーベのバチカン市国
わたしは膝を抱えながら、まだかまだかと洋服の到着を待っていた 

おかしな夢だ


***


~第二の夢~
  
怒る女性
年配、メガネで髪の短い
E氏とわたしの二人で対応することになった

”アナタ達ハ、イツモ其レが無イッテ言ウジャナイッ”
”ドウナッテルノヨッ”
”ワタシ、怒ラレチャウジャナイッ”
”其レガ必要ナンダッテバッ”
その女性はこちらに噛み付かんばかりに迫ってくる

どうしたもんかと困まり顔のE氏
呆気にとられるわたし

年配女性は怒りのうちに、みるみる顔が膨らんでいく
目がガラス玉のように大きくなって
『ああこのヒトも宇宙人なのだな』と
わたしはそれが当たり前のことのように
宇宙人の存在を”理解”していた

おかしな夢だ


***


~第三の夢~

エメラルドグリーンの水の中をピューンと泳いでる
まるでピーターパンが空を飛んでいるように
情景は勢い良く後ろへすぎていく
呼吸は出来ていた
いやむしろ、呼吸は止まっているけれどそれで平気なようだった
超高速で進んでいるのに水の抵抗もない
ただピューンと飛ぶように
両腕を身体の脇にぴたりとくっつけて泳いでいる
飛ぶのに邪魔なものは一切無い、無駄のないフォームで
息切れするような邪魔もない、呼吸がないのだから
身体に乳酸が溜まり、怠くなる気配もなかった

あれは泳いでいたのか?
あれは海だったのか?

けれど水はそこにあるように
時折光りの反射で水の中という液体の全体が見え隠れしていた
そこには海藻はなくて、それに見合ったものとして木々が生えていた
文明めいたものはなかった

ピューンと飛ぶように進むわたしは
清々しい気分に包まれていたけれど、それは幸福に似たものではなく
むしろ爽快なシチュエーションの勢いに任せた興奮だった
本当の所は、
どんどん肥大していくような果てしない水の底の暗闇が気味悪く
たぶん終始緊張していたように思う

まったくおかしな夢だ

0 件のコメント:

コメントを投稿