Category * 気になるラベルへどうぞ

[ ABOUT ] (1) [ ESSAY ] (30) [ ITEM ] (17) [ NOTES ] (35) [ PHOTO ] (62) [ PICK UP ] (40) [ VIDEO ] (6) [ とり食堂 ] (35) 1984 (2) Acting (6) Art (16) Bags (6) Band (1) Beastie Boys (3) Birthday (5) Black (11) Blue (16) Book (12) Bread (2) Brown (6) Cinema (13) Coffee (2) Colorful (15) Comedy (2) Dance (1) Dayoff (24) Death (5) Dinner (16) DIY (6) Dream (8) F (2) Family (21) Fashion (29) Flower (9) Food (7) Friends (19) Fruits (4) Gold (4) Green (19) Grey (1) Holiday (2) Home (16) Japanese (2) Jewellery (3) Kids (7) Library (1) LiveShow (2) Love (20) LudwigWittgenstein (1) Lunch (9) Morning (5) Music (31) Navy (1) New Year (2) New York (5) Night (18) O (7) Orange (3) Pants (2) Park (3) Pink (15) Poetry (1) Purple (2) Quotes (1) Rain (1) Reading (7) Red (18) RIce (15) Salad (3) Sandwich (2) Shoes (4) Shop (1) Skateboarding (9) Skirts (1) Soundcloud (6) Soup (2) Sports (10) Summer (2) Tableware (6) Tea (1) Theater (2) Tops (3) Traditional (5) Tv (1) Video (25) Vynal (2) White (15) Wine (3) Y (9) Yellow (6) 鳥より (4) 弁当 (3)

2012/11/16

{ Music } JAMES BLAKE / Love What Happened Here

《 わたしが持っている数少ないレコード 》



JAMES BLAKE / Love What Happened Here



レコードから流れ出した最初の音に心臓を射抜かれた。

それは、今年の夏のことだった。

それ以来、夜にこの曲を聴くと
たくさん涙が流れる。

もしかしらた癒されているのかもしれない。


上質な小説より、
上質な映画より、
ジェイムス・ブレイクの音楽の方が物語を語っていると感じる時がある。


それから、
彼の音楽の中でもこの曲がいちばん好きだ。



『Love What Happend Here』を聴いていると、
何故か、
ニューヨークに行った2005年の春を思い出す。

マンハッタンのアッパーイーストサイドを一人で歩いていた
夜の帰り道の風景を思い出す。

まだ短いわたしの人生だけれど、
あの時ニューヨークで過ごした時間は一生大切にしたいなと思う。


そのニューヨークで出逢った友人が、
数年後、わたしにこんなことを言った。


『You have something to offer to the world.』




目をつむってこの言葉を唱えると、わたしはいつも自由になれるのだ。





《 James Blake / Love What Happened Here 》

過去ログ参照 

2011.10.18 [ PICK UP ] { Music } JAMES BLAKE / ENOUGH THUNDER
2011.07.08 [ ESSAY ] 死んでない音楽家

0 件のコメント:

コメントを投稿