Category * 気になるラベルへどうぞ

[ ABOUT ] (1) [ ESSAY ] (30) [ ITEM ] (17) [ NOTES ] (35) [ PHOTO ] (62) [ PICK UP ] (40) [ VIDEO ] (6) [ とり食堂 ] (35) 1984 (2) Acting (6) Art (16) Bags (6) Band (1) Beastie Boys (3) Birthday (5) Black (11) Blue (16) Book (12) Bread (2) Brown (6) Cinema (13) Coffee (2) Colorful (15) Comedy (2) Dance (1) Dayoff (24) Death (5) Dinner (16) DIY (6) Dream (8) F (2) Family (21) Fashion (29) Flower (9) Food (7) Friends (19) Fruits (4) Gold (4) Green (19) Grey (1) Holiday (2) Home (16) Japanese (2) Jewellery (3) Kids (7) Library (1) LiveShow (2) Love (20) LudwigWittgenstein (1) Lunch (9) Morning (5) Music (31) Navy (1) New Year (2) New York (5) Night (18) O (7) Orange (3) Pants (2) Park (3) Pink (15) Poetry (1) Purple (2) Quotes (1) Rain (1) Reading (7) Red (18) RIce (15) Salad (3) Sandwich (2) Shoes (4) Shop (1) Skateboarding (9) Skirts (1) Soundcloud (6) Soup (2) Sports (10) Summer (2) Tableware (6) Tea (1) Theater (2) Tops (3) Traditional (5) Tv (1) Video (25) Vynal (2) White (15) Wine (3) Y (9) Yellow (6) 鳥より (4) 弁当 (3)

2013/12/23

そんなこともあるけど明日も家族だ

《 HOME MADE CAKES / EARLY CHRISTMAS PARTY 》



顔を揃えて幸せを笑い合えるはずの場であっても、
それぞれの持ち寄る気持ちがちょっとずつ複雑な場合は
望んでいなくても、どことなく不穏な雰囲気がひろがってしまう時もあります。


 そんな時もあります。


コミュニケーションの歯車が、気がつかない程度に少しずつずれていって、
小さな摩擦を繰り返した末に歯車から火花は散ってそれが火種になって、
なんとか火を消したいのにすでに手遅れで、
最後には灰色の煙があがることもあります。


 そんなこともあります。


どんなに優しく賢い大人が集まっても、
それぞれの愛情が強いほど、喜怒哀楽は誇張して感じられることもあります。


 大切な人が相手なら、そんなこともあります。


わたしの火は、鎮火するまでに4時間もかかったけれど、
激情におしながされる寸前で、
お風呂の中でじっくりお湯につかりながら相手の状況をもう一度考えてみたら
怒りは理解になりましたとさ。


 はー、しんどかった。


でも、これで今夜は悪夢をみなくてすみそうです。

人を気にかける時は、ちょっと遠目の、しっかり線を引いた位置からでないと
本質的には優しくないのかもしれないですね。そんなことを思いました。


 『ブラジルのひと、聞こえますかー』






「また読んでもいいかな」と思ったら

「写真だったら見たいかな』と思ったら にほんブログ村 写真ブログ iPhone写真へ

0 件のコメント:

コメントを投稿