Category * 気になるラベルへどうぞ

[ ABOUT ] (1) [ ESSAY ] (30) [ ITEM ] (17) [ NOTES ] (35) [ PHOTO ] (62) [ PICK UP ] (40) [ VIDEO ] (6) [ とり食堂 ] (35) 1984 (2) Acting (6) Art (16) Bags (6) Band (1) Beastie Boys (3) Birthday (5) Black (11) Blue (16) Book (12) Bread (2) Brown (6) Cinema (13) Coffee (2) Colorful (15) Comedy (2) Dance (1) Dayoff (24) Death (5) Dinner (16) DIY (6) Dream (8) F (2) Family (21) Fashion (29) Flower (9) Food (7) Friends (19) Fruits (4) Gold (4) Green (19) Grey (1) Holiday (2) Home (16) Japanese (2) Jewellery (3) Kids (7) Library (1) LiveShow (2) Love (20) LudwigWittgenstein (1) Lunch (9) Morning (5) Music (31) Navy (1) New Year (2) New York (5) Night (18) O (7) Orange (3) Pants (2) Park (3) Pink (15) Poetry (1) Purple (2) Quotes (1) Rain (1) Reading (7) Red (18) RIce (15) Salad (3) Sandwich (2) Shoes (4) Shop (1) Skateboarding (9) Skirts (1) Soundcloud (6) Soup (2) Sports (10) Summer (2) Tableware (6) Tea (1) Theater (2) Tops (3) Traditional (5) Tv (1) Video (25) Vynal (2) White (15) Wine (3) Y (9) Yellow (6) 鳥より (4) 弁当 (3)

2013/12/31

今年よ、あばよ


《 台所の飾りは、器用な父が毎年つくっています 》



いよいよ今日は2013年の大晦日。

すべりこみセーフですが、なんとか大掃除も終えることができそうです。

まさかまさかの大どんでん返しでした。

少し掃除をはじめたら、家族全員に火がついて結局大掃除になったのです。
おまけに昨日は断捨離も大々的におこなうことができました。やったー。


***



『健全な精神は健全な肉体に宿る』なんて言いますが、それはきっと本当ですね。


すっかりお正月休みムードで、のどかな我が家であっても、

規則正しい生活と、丁寧な衣食住、気づかい合う家族間のコミュニケーションによって
5歳の甥を含めた家族全員が、今とても、のびのびとした健やかな気分なようです。

毎日の日課として運動不足解消の為の長距離散歩と、お正月の買い出しと、

年明けの書き初めに備えたお習字の練習も、各自が熱心にしています。

大々的な正月や、親戚が集まる賑やかな正月、伝統的な正月など、

そのどれにも当てはまらない我が家の小さな正月ですが、
とても素朴で日常的で箱庭のような規模が、なによりも心地よいです。

それから、

家族全員が2013年をそれぞれに整理整頓し、過労を癒し、
大晦日を前にラストスパートで雑務を終わらせているので
家全体に森林の中にいるような新鮮さや、
冷水で顔を洗った後のような潔い雰囲気が満ち満ちています。



わたしも、ここ3年ほど仕事で正月を家族と共に迎えられなかったので

両親二人きりの正月が続いていましたが、
今年は嫁にいった姉や甥も含め全員が我が家で一緒にいられます。

それだけで、2014年は素晴らしく健康で明るい年になるような気がします。


どんな時もどんなことがあっても、

明日も明後日も家族は家族なのですよね。

大人になると忘れがちな自分自身の根源に気がつくゆとりを持てる今冬でした。



***




さいごになりましたが、

みなさま今年はたくさんのご訪問ありがとうございました。とても嬉しかったです。

『文章を書く・写真を撮る』という、思考の排出に使っていただけの欲求が、

みなさまのご訪問を受けて、いつしか『見てもらうとは、どういうこと?』という
新たな楽しみや挑戦にかわっていきました。
仕事ばかりの日々では忘れがちな、ものごとを解釈する『視点』について熟考する機会を得られたことは、ここ数年、想像や創造におけるボンヤリとしたスランプに陥っていたわたしにとって、心からありがたい経験でした。
今後とも、ブログを続ける限り精進いたします。


また来年もきっと変わらず、半径3メートル以内の日常風景が題材ですが、

できるかぎり想像力を刺激する写真と、できる限り率直で丁寧な文章を
小まめに更新していければいいなとおもっています。


それではみなさま、良いお年をお迎えくださいませ。






「また読んでもいいかな」と思ったら


「写真だったら見たいかな』と思ったら にほんブログ村 写真ブログ iPhone写真へ

0 件のコメント:

コメントを投稿