Category * 気になるラベルへどうぞ

[ ABOUT ] (1) [ ESSAY ] (30) [ ITEM ] (17) [ NOTES ] (35) [ PHOTO ] (62) [ PICK UP ] (40) [ VIDEO ] (6) [ とり食堂 ] (35) 1984 (2) Acting (6) Art (16) Bags (6) Band (1) Beastie Boys (3) Birthday (5) Black (11) Blue (16) Book (12) Bread (2) Brown (6) Cinema (13) Coffee (2) Colorful (15) Comedy (2) Dance (1) Dayoff (24) Death (5) Dinner (16) DIY (6) Dream (8) F (2) Family (21) Fashion (29) Flower (9) Food (7) Friends (19) Fruits (4) Gold (4) Green (19) Grey (1) Holiday (2) Home (16) Japanese (2) Jewellery (3) Kids (7) Library (1) LiveShow (2) Love (20) LudwigWittgenstein (1) Lunch (9) Morning (5) Music (31) Navy (1) New Year (2) New York (5) Night (18) O (7) Orange (3) Pants (2) Park (3) Pink (15) Poetry (1) Purple (2) Quotes (1) Rain (1) Reading (7) Red (18) RIce (15) Salad (3) Sandwich (2) Shoes (4) Shop (1) Skateboarding (9) Skirts (1) Soundcloud (6) Soup (2) Sports (10) Summer (2) Tableware (6) Tea (1) Theater (2) Tops (3) Traditional (5) Tv (1) Video (25) Vynal (2) White (15) Wine (3) Y (9) Yellow (6) 鳥より (4) 弁当 (3)

2014/01/10

散歩の口実

《 Tokyo Somewhere 》

 6時30分起床。

 今朝は朝から面倒な用事を済ませてしまいたかったので、朝の家事を一通りやった後、早々に身支度をして出掛けた。
 自分だけの都合で動ける類いの用事は好きだ。散歩の口実になるからだと思う。一日に14時間以上も働いていたもうすこし若い頃にはこういう楽しみを知らなかったけれど、30代を目前にして、心地よく暮らしていく為の自分にあった働き方や時間の使い方を考えはじめてから、用事をこなす楽しさに目覚めたような気がする。
 素敵だなと思う人に30代以上の人たちが多いのも、こういう所に答えがあるのだろうか。彼らに質問すると、決まって20代の過去を恥ずかしそうに話しながら笑っている。それぞれに赤面するような失敗を重ねながら、我武者らに自分の道を突き進み、若さの勢いに任せた恋愛を楽しんだのだろうか。わたしが過ごした20代のように。
 30代に入り彼らはそれぞれのペースを調節しながら、自分らしく楽しむことにエネルギーを注ぎ出したのだと思う。そして『自分らしい』という基準を計れる定規は、自分自身しか持っていないのだ。だから、自分の心と身体と脳みそを頼りにするしかないのだ。
 そうしていくうちに、ようやく大人の人生が始まるのかもしれない。
 わたしも最近になって、自分に必要なものと必要じゃないものへの理解が、また少し増えたように思う。大人の階段を登っているんだろうか。
 そんなことを考えていたら、今日は半日も散歩をして過ごす一日になった。


***



ご訪問ありがとうございます :)
  にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

0 件のコメント:

コメントを投稿